CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
十二月八日 大詔奉戴祭 第九回「真の近現代史」観表彰式

今回の最優秀賞はモラロジー研究所教授西鋭夫先生でした。

 

控え室で。後頭部が湯澤貞総代です。

会場はぎっちぎちでした。

 

 

中締めは必ず諸橋茂一さん。

 

| - | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
十二月七日 アパホテル東京ベイ幕張グランドオープン

本日は湯澤貞総代の代理で、アパホテル東京ベイ幕張グランドオープンに出席してまいりました。

 

 

中締めはいつも大東亜聖戦祭実行委員長諸橋茂一さん。勝兵塾の事務局長でもあります。

| - | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
十二月三日 湯澤貞元宮司の米寿を祝う会

本日、編⊃声劼如崚鰡慶膰亀椹覆諒銅を祝う会」が行われました。第八代宮司の八十八歳のお祝いで末広がりの八尽くしで全国から多くの方々が駆けつけてくださいました。まごころ込めてみたまに仕えた湯澤貞元宮司だからこそ全国から皆様がご参集くださったのだと思います。本当に素晴らしい経験をさせていただきました。

 

 

 

| - | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月二十八日 平成の大演説会

本日は「日本の名誉を守る会」主催の「平成の大演説会」のお手伝いをして参りました。

 

 

 

| - | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月二十七日 椿原泰夫先生を偲ぶ会

 本日は十月八日に八十四歳でお亡くなりになられた、椿原泰夫先生の偲ぶ会に参列するために福井県へ参りました。

椿原泰夫先生は、稲田朋美防衛大臣のお父上です。稲田朋美さんとのお付き合いから先生と知り合い、そのお人柄に惹かれ色々ご指導賜りました。

 偲ぶ会には湯澤貞総代も東京から駆けつけご遺族の稲田朋美さんをはじめ多くの方を驚かせました。小生は先生のお身体のこともあるので、欠席をお願いいたしましたが、願として出席を望まれました。

 福井県では、最初に護國神社をお参りさせていただき、その後、松平永芳宮司が館長をお勤めになられた郷土資料館を拝観いたしました。

 

偲ぶ会には数百名の地元の方をはじめ全国から多くの先生の死を悼む方々が参集されました。

福井駅前には大きな恐竜が鎮座しております。この恐竜の首が動いていて結構カッコ良かったです。

 

 

 

| - | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月二十三日 新嘗祭を祝ふ集ひ

本日は毎年参列させていただいている「新嘗祭を祝ふ集ひ」に参列して参りました。

最初に三島由紀夫研究会玉川博己先生の講演「「お言葉」を拝して国体を考へる」を拝聴し続いて祭典へ。

斎主を大東神社神職高橋宏篤さんが奉仕され厳かで立派な祭式でした。

 

 

| - | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月二十日 車椅子ご奉仕

本日は昨日の冷たい雨が信じられないほどの暖かいというよりはちょっと暑い日でした。ご奉仕は車椅子の貸し出しだけでした。

 

 

銀杏の黄葉が一気に進んできました。

 

| - | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月十九日 安倍外交は日本の恥

 安倍さんとトランプさんの会談には、外務省と官邸の確執があったようですが、いくらなんでも大統領就任前のトランプさんに速攻でもみ手をしながら会いに行くのは、あまりにも変わり身が早すぎ、節操がなさすぎる。まだ現役はオバマさんで、政治姿勢はトランプさんと対立している。小生は、米国民主党政権オバマ大統領に否定的ですが、それでも礼儀というものがある。安倍さんの会談を世界の政治指導者はどう見るでしょうか。十二月にはプーチンとの会談が控えてますが、今回の安倍さんの所作はプーチンに見縊られる。安倍さんとトランプさんより、トランプさんとプーチンの方が親しく通じてると思う。まるでパーティーで名刺交換の列に並ぶ営業マンのようで一国の政治指導者と思えない。お互いの信頼関係云々言ってますが、民主党ヒラリー支持だった日本の首相をそう簡単に受け入れると思えないし、何よりトランプさんは米国至上主義で、愛国者で一流のビジネスマンです。辛酸をなめていない安倍さんが上辺だけで陥落できる人物とは思えません。

 

 世界は、米国、ロシア、支那の三国を中心に動いている。日本は残念ながらその三国に囲まれ、まるでジャイアンに対するスネ夫のように接している。現在の日本の領土、主権は米国に依存している。その米国の庇護で日本は護られている。ロシアの南下政策は国是でありスラブ民族の悲願でもある。支那、毛沢東の太平洋戦略中華思想に日本を侵略征服は不可欠である。世界中で世界地図が変わらない物と思っているのは日本人だけかも知れない。最近だけでもロシアはクリミア半島を支那は南シナ海で覇権を行使している。特に支那の発展とともに海洋汚染が進み、近海での漁獲高が減ればその漁場を広げてくるのは火を見るより明らかである。まして反日教育しか受けていない現在の働き盛りの支那人が、日本から掠め取ることに罪悪感など微塵もない。つまり、政治指導者から民間、上から下まで日本を食い物にしようとしている。いや、すでに食い散らかしている。飽食の日本人にはまだまだ感じられなくても、確実に海洋資源、食糧、エネルギーをイナゴのように食い潰している。そして遠くアフリカでも同じように荒らしまくっている。日本政府にこれらに対応する国家戦略があるのか、領土国民を護る戦略があるのか、出てくるものに対応する対処戦略ではなくその先の戦略を持たなければならない。残念ながらオリンピックで右往左往する国家に国家戦略は感じられない。

| - | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月十七日 追悼 奥野誠亮先生

奥野誠亮先生は本当に立派な政治家でした。写真は十年前の平成十八年九月十三日に湯澤貞総代から感謝状を謹呈させて頂いた時のものです。編∃鬚砲論瀘当初よりご尽力賜り、また「みんなで編⊃声劼愡嫁劼垢觜餡餤聴の会」も奥野先生が初代会長を務められました。小生がお会いしたのは、奥野先生が九十歳を超えてからですが、穏やかで激しい真の国士、真の政治家でした。今まで奥野誠亮先生以上の政治家に会ったことがありません。これからも奥野誠亮先生以上の政治家には会うことができないでしょう。本当に素晴らしい方を亡くしました。御冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

 

 

| - | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月十三日 車椅子ご奉仕

本日は天気も良く清々しくご奉仕させていただきました。

 

 

暖かかったり寒かったりが激しいので銀杏もなかなか色が変わりません。今年は遅いですね。

| - | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/147PAGES | >>