CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
十一月十三日 栃木縣護國神社・茨城縣護國神社

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥に見えるのが第二鳥居です。ものすごく広い参道?斎庭?

 

 

 

 

 

 

 

| - | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月十二日 車椅子ご奉仕

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

陽射しは暖かく風は冷たい冬の訪れを感じる参道でご奉仕させていただきました。

多くのお子さんに「立派な作法ですね。みたまの皆様もさぞお喜びになられていると思います。ようこそお参りくださいました」

を声がけしておりますが、その姿を写真に撮ることは殆どありませんでした。今回この理想の親子の後姿を撮らせていただきました。息子さんがベンチコートを着ているのでちょっと分かり辛いですが、綺麗なお辞儀をします。以前会ったときに武道か何かやっているのか聞いたら武道は習っているとのことでしたが、何より父親との仲がとても良く、父親が正しく伝えていることが感じられました。作法を学ぶ機会の無かった大人たちが多い中で、このような親子と会わせていただいたみたまの皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

銀杏は先端まで色が変わってきました。

| - | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月十一日 緊急集会 尖閣・沖縄そして台湾

文京区民センターで開催された「緊急集会 尖閣・沖縄そして台湾」に参加して参りました。超満員で三百人以上いらっしゃったと思います。熱気溢れる集会で勉強になりました。

 

 

| - | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月十日 第六十回全日本愛國者團體会議全国大会参拝

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

本日は第六十回全日本愛國者團體会議全国大会参拝のお手伝いをして参りました。

 

 

 

 

| - | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月六日 靖國神社

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

本日の神社上空はヘリコプターが旋回していてやたら賑やかでした。

トランプさんは横田基地で軍人に挨拶してからゴルフ場へ向いました。トランプさんは非常に軍人に敬意を持っていると大統領選挙前からの発言で感じていました。

きっと韓国では、自国の軍人を慰問してから韓国国立墓地顕忠院へ行くのでしょう。支那でも人民英雄記念碑へ行くと思います。

あの菅直人や岡田克也でさえ米国訪問時にはアーリントン国立墓地に表敬しています。

外交儀礼としても世界中で日本だけなんでしょうね。政治指導者が自国の戦没者を蔑ろにしているのは。残念です。

 

参道を家路を急ぐ子供たち。

 

| - | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月五日 車椅子ご奉仕

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

天気は日本晴れで爽やかでしたが、日陰に入るとちょっと寒い秋らしい季節に入りました。

 

参道には掃き溜めた落ち葉。ちょっと風が吹くと次から次へと降ってくるので切がありません。

七五三の儀の予行をしてました。今年は例年より七五三詣りが少なく感じます。

これから年末にかけて銀杏は全ての葉を落とします。

| - | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月四日 青年思想研究会 先憂(とも)を偲ぶ会

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

 本日は毎年参加させていただいている青年思想研究会「先憂(とも)を偲ぶ会」に出席して参りました。

写真の先生方の中で児玉誉士夫先生は存じ上げませんが、そのほかの先生方とご挨拶させていただいたのは二十歳前後でした。皆優しい好々爺で、若造の小生に暖かい言葉をくださいました。そのときに、いつもある先生の背後で鬼の形相で仁王立ちしていた先輩がいらっしゃいました。怖い顔でニコリともせず小生のような若造にも威圧を与えていました。正直、その先輩が怖くて先生にご挨拶することも躊躇するほどでした。それが今ではそのことを想い出話として笑いながら話せるようになりました。時の流れで色々なことが変わりました。小生の年齢も怖かった先輩の当時の年齢を超えています。

 先生方の目指していた日本とは、天皇陛下が靖國神社を御親拝賜る当たり前の日本だったと思います。

現憲法下でも昭和五十年までは当たり前に行われていた御親拝を中断させたのは当時の社会党護憲勢力であり事勿れ主義の関係省庁です。一日も早く正常な日本を取り戻したいと先生方の写真で深く思った一日でした。

 

| - | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月三日 奉祝明治節 車椅子ご奉仕

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

明治節おめでとうございます。

 本日は暖かさと言うよりは暑さを感じるほどの参道でご奉仕させていただきました。

 最初にご奉仕させていただいたのは江東区から参られたお父さんです。お兄さんが御祭神で遊就館にも写真が掲げられているとのことでした。さざれ石にも喜んでいただきましたが、直径1.5メートルの菊花十六紋章では小柄な奥様が「私より大きい」と盛り上がってくださいました。神雷桜での西田高光命、山岡荘八の話も熱心に聞いてくださり非常に喜んでいただけました。

 何度もお参りに来たけれど今まで知らなかったと何度も何度も感謝の言葉をいただきました。

こちらこそご奉仕させていただきありがとうございました。

 

 

銀杏も色が本格的に変わってきて落ち葉を撒き散らしています。清掃の方々が掃いても掃いても切がありません。ご苦労様です。

皆様にも境内、参道で清掃されている方々には「ご苦労様」「ありがとうございます」の一声をお願いいたします。

 

| - | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
十月三十日 靖國神社

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

地元の護國神社へお参りしましょう。

靖國神社・護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

本日は台風の過ぎ去った靖國神社へお参りいたしました。

 

 

戦友さんたちの「約束の桜」は被害も無く元気でした。

| - | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
十月二十七日 栃木縣護國神社

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

護國神社へお参りしましょう。

護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

栃木縣護國神社田母神俊雄講演会決定

日時十二月十七日()午後二時より(有志による境内清掃奉は昼ごろ)

宮司講話

昇殿参拝

田母神俊雄講演

懇親会(希望者)

 

 本日は田母神俊雄総代の講演会の相談に栃木縣護國神社へ参りました。栃木縣護國神社の宮司稲寿様は、先日弊會が支持を表明した稲貴夫さんのお兄さんです。

 

 田母神俊雄総代の講演の目的は、田母神俊雄の思想信条を伝えるのはもちろん「天皇陛下編⊃声匕羶毒辧廚最大の目的です。

それと同時に、講演会で皆様から浄財を募り、熊本縣護國神社、長野縣護國神社の復興支援をいたします。

講演会の式次第は、有志による境内清掃奉仕、宮司様の神社のあらまし、御祭神についてお伺いしてから皆様と昇殿参拝。

その後田母神俊雄総代の講演となります。講演終了後には懇親会も希望者を募って行う予定です。

 

 栃木縣護國神社を最初にしたのは、平成八年七月二十五日、今上陛下の護國神社御親拝が最後になっているからです。是非とも稲宮司様には御親拝時のことをお伺いしたいと存じます。特に宮内庁との折衝についてお伺いしたいと思っております。

 

 

 

| - | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/165PAGES | >>