CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
天皇陛下靖國神社御親拝祈願全国護國神社巡拝行程

二十二日靖國神社春季例大祭参拝後、最初に沖縄県護國神社へ参ります。先帝陛下が最後まで望まれながら叶わなかった沖縄県を最初ににいたしました。

 

天皇陛下靖國神社御親拝祈願全国護國神社巡拝趣意書

 

天皇陛下靖國神社御親拝実現請願署名用紙

署名は八月十六日内閣府へ手交する予定です。

 

日本は数々の国難を乗り越え現在の世界一と言える安心して暮らせる国家を手に入れました。国難を乗り越えるには常に天皇陛下を中心とした日本人の高邁なる精神がありました。平成の御世で御親拝無きは、靖國神社に鎮まる二百四十六万余柱のみたまへの背信であり、北朝鮮のミサイルや、覇権を狙う支那共産党より恐ろしいものです。四十二年間の空白が招いたものは、公務に携わる責任ある立場の無責任体質、失ったものは政治家、官僚の滅私奉公という奉仕の精神「まごころ」です。そして何よりも天皇陛下は御親拝を望まれています。平成は来年の十二月で終わることが決まってきたようです。憲法と法律によって言動を封じられている天皇陛下の御親拝実現には国民の声しかないと存じます。十年前にあった女系女性論争も多くの日本人の祈りが悠仁親王殿下の御出ましを招き皇室を護られた。日本はそういう神頼みが通じる不思議な国柄なんだと思います。次に来る国難が戦争か天変地異か分かりませんが、日本人が日本人であるために国難に殉じた先人に感謝は忘れてはなりません。この御親拝祈願の祈りが通じないと国家の滅亡へと向かってしまいます。

4月22日
午後1時
編⊃声 住所 1
4月23日
午前10時
沖縄縣護國神社 〒900-0026 那覇市奥武山町44TEL:098-857-2798 2
波上宮
4月24日
午前10時
千葉縣護國神社 〒260-0045 千葉市中央区弁天3-16-1TEL:043-251-0486 3
午後3時頃 埼玉縣護國神社 〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町3-149TEL:048-641-6070 4
4月25日
午前10時
茨城縣護國神社 〒310-0912 水戸市見川1-2-1TEL:029-241-4781 5
午後3時頃 栃木縣護國神社 〒320-0063 宇都宮市陽西町1-37TEL:028-622-3180 6
4月26日
午前10時
福島縣護國神社 〒960-8025 福島市駒山1TEL:024-535-0519 7
午後3時頃 山形縣護國神社 〒990-0053 山形市薬師町2-8-75TEL:023-631-5086 8
4月27日
午前9時
竹駒神社 〒980-0862 宮城県岩沼市稲荷町1-1
午前11時頃 宮城縣護國神社 〒980-0862 仙台市青葉区川内1TEL:022-223-7255 9
午後4時頃 岩手護國神社 〒020-0872 盛岡市八幡町13-2TEL:019-652-5211 10
フェリー 八戸〜苫小牧 フェリー約8時間
4月28日
午前10時
北海道護國神社 〒070-0901 旭川市花咲町1丁目TEL:0166-51-9191 11
午後3時頃 札幌護國神社 〒064-0915 札幌市中央区南15条西5-1-3TEL:011-511-5421 12
4月29日
午前10時       

昭和節     
函館護國神社 〒040-0044 函館市青柳町9-23TEL:0138-23-0950 13
フェリー 函館〜青森  フェリー約4時間
4月30日
午前10時
青森縣護國神社 〒036-8356 弘前市大字下白銀町1-3TEL:0172-32-0033 14
午後3時頃 秋田縣護國神社 〒011-0939 秋田市寺内大畑5-3TEL:018-845-0337 15
5月1日
午前10時
新潟縣護國神社 〒951-8101 新潟市中央区西船見町5932-300TEL:025-229-4345 16
午後3時頃 群馬縣護國神社 〒370-0867 高崎市乗附町2000TEL:027-322-630 17
5月2日
午前10時 
長野縣護國神社 〒390-0801 松本市美須々6-1TEL:0263-36-1377 18
午後3時頃 飛騨護國神社 〒506-0837 高山市堀端町90TEL:0577-32-0274 19
5月3日
午前10時
富山縣護國神社 〒930-0077 富山市磯部町1-1TEL:076-421-6957 20
午後3時頃 石川護國神社 〒920-0935 金沢市石引4-18-1TEL:076-221-2110 21
5月4日
午前9時
福井縣護國神社 〒910-0016 福井市大宮2-13-8TEL:0776-22-5872 22
午後3時頃  滋賀縣護國神社 〒522-0001 彦根市尾末町1-59TEL:0749-22-0822 23
5月5日
午前9時

端午の節句
京都霊山護國神社
正式参拝ではありません
社頭での一般参拝になります。
〒605-0861 京都市東山区清閑寺霊山町 24
午後3時頃  奈良縣護國神社 〒630-8424 奈良市古市町1984TEL:0742-61-2468 25
5月6日
午前9時
大阪護國神社 〒559-0015 大阪市住之江区南加賀屋1-1-77TEL:06-6681-2372 26
正午頃 兵庫縣神戸護國神社
正式参拝ではありません
社頭での一般参拝になります。
〒657-0068 神戸市灘区篠原北町4-5-1TEL:078-882-1700 27
午後3時頃 兵庫縣姫路護國神社 〒670-0012 姫路市本町118TEL:0792-24-089 28
5月7日
午前9時
岡山縣護國神社 〒703-8272 岡山市奥市3-21TEL:086-272-3017 29
神雷部隊桜花隊の海軍一等飛行兵曹
「神社 澄(かんじゃきよし)命」
午後3時頃 鳥取縣護國神社
正式参拝ではありません
社頭での一般参拝になります。
〒680-0001 鳥取市浜坂1318-53TEL:0857-22-4428 30
5月8日
午前9時
松江護國神社 〒690-0887 松江市殿町1-15TEL:0852-21-2454 31
正午頃 出雲大社
午後3時頃 濱田護國神社 〒697-0027 浜田市殿町123-10TEL:0855-22-0674 32
5月9日
午前9時
山口縣護國神社 〒753-0011 山口市宮野下1932TEL:083-922-2027 33
午後3時頃 福岡縣護國神社 〒810-0044 福岡市中央区六本松1-1-1TEL:092-741-2555 34
5月10日
午前9時
佐賀縣護國神社 〒840-0843 佐賀市川原町8-15TEL:0952-23-3593 35
午後3時 長崎縣護國神社 〒852-8034 長崎市城栄町41-67TEL:0958-44-3221 36
長崎平和公園
      フェリー 島鉄フェリー口之津〜鬼池港
本渡諏訪神社
5月11日  
午前9時
熊本縣護國神社 〒860-0005 熊本市宮内3-1TEL:096-352-6353 37
午後3時頃 宮崎縣護國神社 〒880-0053 宮崎市神宮2-4-3TEL:0985-25-2719 38
5月12日
午前9時
鹿児島縣護國神社 〒890-0014 鹿児島市草牟田2-60-7TEL:099-226-7030 39
鹿児島神社
知覧特攻記念館
フェリー 鴨池フェリー新垂水
鹿屋海上自衛隊
豊後大野市清川町左右知 
西田高光命墓参
5月13日
午前9時
大分縣護國神社 〒870-0925 大分市大字牧松栄山1371TEL:097-558-3096 40
大分回天神社
午後3時頃 雲八幡宮 〒871-0433大分県中津市耶馬溪町宮園363
フェリー スオーナダフェリー竹田津港〜徳山港 2時間
5月14日
午前9時
廣島護國神社 〒730-0011 広島市中区基町21-2TEL:082-221-5590 41
原爆ドーム
午後3時頃 備後護國神社 〒720-0061 福山市丸之内1-9-1TEL:0849-22-1180 42
有料道路 2890円
5月15日
午前9時
愛媛縣護國神社 〒790-0824 松山市御幸1-476TEL:089-925-2353 43
午後3時頃 高知縣護國神社 〒780-8126 高知市吸江213TEL:088-882-2760 44
5月16日
午前9時
香川縣護國神社 〒765-0013 善通寺市文京町4-5-5TEL:0877-62-0048 45
午後3時頃 徳島縣護國神社 〒770-8021 徳島市雑賀町東開21-1TEL:088-669-3090 46
フェリー 南海フェリー 2時間
5月17日
午前9時
和歌山縣護國神社 〒640-8146 和歌山市一番丁3TEL:073-425-2911 47
午後1時頃 三重縣護國神社 〒514-0006 津市広明町387TEL:059-226-2559 48
午後3時頃から 伊勢神宮
5月18日
午前10時
濃飛護國神社 〒503-0887 大垣市郭町2-55TEL:0584-78-4048 49
正午頃 岐阜護國神社 〒500-8002 岐阜市御手洗393TEL:058-264-4321 50
午後3時頃 愛知縣護國神社 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-7-3TEL:052-201-8078 51
熱田神宮
三ヶ根山七士廟
5月19日
午前9時
靜岡縣護國神社 〒420-0821 静岡市葵区柚木366TEL:054-261-0435 52
午後3時  山梨縣護國神社 〒400-0013 甲府市岩窪町608TEL:055-252-6371 53
5月20日 午前10時 編⊃声
| - | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
四月十六日 群馬県本部群馬縣護國神社清掃奉仕

群馬県本部の皆様で群馬縣護國神社の清掃奉仕をいたしました。

群馬の皆様ご苦労様でした。皆様のみたまへの感謝のまごころと清掃奉仕の熟練度が上がっているのが写真で伝わってきます。

みたまの皆様もさぞお喜びくださったと思います。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

| - | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
四月十六日 春季境内清掃奉仕

本日は雲ひとつ無い清掃日和でした。他の行事と重なりいつもの半分くらいの人数でしたが、その分まごころ込めて石畳を磨かせていただき、拝殿前の清掃も交代で額ずいて丁寧にご奉仕させていただきました。

また、本日は、北朝鮮拉致被害者家族会の増元照明さんが参加ください、作業開始前に一言ご挨拶をいただきました。

今年最高の気温を記録した強い日差しの下皆さん汗を流しながら、一生懸命ご奉仕させていただきました。

 

 

 

拝殿石畳の溝を丁寧に清掃奉仕する北朝鮮拉致被害者家族会増元照明さん。

 

 

 

 

 

皆様ご苦労様でした。勅使の御通りになられる石畳をまごころ込めて磨かせていただき皆様のお心も磨かれたと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

| - | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
四月九日 清掃奉仕・春季例大祭昇殿参拝ご案内

本日は同志である憂国楠志会の皆様が雨の中清掃奉仕をしてくださいました。ご苦労様でした。風邪ひかないように気をつけてください。

日本という国は本当に素晴らしい国です。黒船来航以来たった百五十年の間に、数々の国難を乗り越え、現在の世界一といって良い素晴らしい国家を先人は今を生きる私たちに残してくださいました。数々の国難を乗り越えたのは、国民と天皇陛下が一体であったからに他ならない。天皇は国民のために祈り、国民は臣民として天皇を神と崇め、神の臣民としての日本人の誇りを守り、奉仕の精神とまごころで国家を繁栄させてくださった。その高邁なる精神の象徴が靖國神社である。明治天皇の思し召しによって御創立された靖國神社こそ、天皇陛下と日本人が一体となるまごころの象徴である。

何度も昭和天皇の御親拝が途絶えた原因を書いていますので割愛しますが、平成が三十年で区切られてしまうことが確実になってきました。そのことに対してはおいて置きますが、今上陛下の御親拝が平成に無ければその後も復活することは難しいでしょう。

靖國神社に御親拝を望まれる陛下の邪魔をしているのは占領下で押し付けられた「憲法」です。最近話題の「教育勅語」が廃止された昭和二十三年も占領下です。象徴として「憲法」を遵守し、法律で行動、言動を制限されている今上陛下の御望みは「天皇陛下万歳」と散華された臣民への慰霊であることは間違いありません。所謂戦後七十年、御親拝が途切れ四十二年、私たち日本人の意識の中でも靖國神社への感謝と感心が薄れてしまっているかも知れません。時間は後一年しかありません。国難に殉じた先人を蔑ろにした国家に未来はありません。ひとりひとりの努力でこの目に見えない国難と闘わなければなりません。

 

清掃奉仕・春季例大祭昇殿参拝ご案内

 

清掃奉仕・春季例大祭昇殿参拝のご案内です。どちらもどなたでもご参加いただけます。

清掃奉仕は、勅使の御通りになられる石畳を水洗いいたしますので、汚れても良い服装でご参加ください。

 

境内清掃奉仕
日時 平成二十九年四月十六日(日)十時より
集合場所 編⊃声匈葦饕稘港
作業内容 勅使の御通りになられる境内参道の石畳を
水洗い及び境内、神社周辺の清掃奉仕を致します。
※小雨決行(大雨の場合中止)
駐車場は編⊃声厖料駐車場をご利用ください。
駐車券は事務局までお持ちください。

 

春季例大祭昇殿参拝
日時 平成二十九年四月二十二日(土)午後一時より昇殿参拝
受付 参集殿前にて正午より
玉串料 お一人様千円以上でお願い致します。

※駐車場は出来るだけ編⊃声厖料駐車場を
ご利用ください。駐車券は事務局へお渡しください。

 

| - | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
四月八日 夜の靖國神社

天皇陛下靖國神社御親拝祈願全国護國神社巡拝用の車の看板ができてきましたのでご報告致します。

この看板を着けて全国巡拝を行います。

 

 

外苑の桜です。満開ですが写真が下手で美しさが全然伝わりませんね。

土曜の夜で、寿命の短い桜の花を楽しむデートコースになっているようでカップルばかりでした。

しつこく書きますが、靖國神社の桜は「約束の桜」です。靖國神社の桜を愛でるときには、是非とも、靖國神社に鎮まる忠霊への想いも馳せていただきたいと存じます。

 

| - | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
四月三日 靖國神社

本日はちょっと用事があって神社へ参りました。昼頃だったのですが、日本武道館から入学式を終えた新大学生が保護者連れで一斉に靖國神社へ参られました。皆さん夢と希望に胸膨らませ良い顔してました。入学おめでとうございます。一生懸命勉強して良い社会人を目指してください。

今週いっぱいが桜の見ごろだと思います。境内の桜をご覧になるときには是非、幹にかけられている札をご覧ください。戦友さんたちの想いが伝わってくるとおもいます。繰り返しになりますが「御神門をくぐって二本目の桜の下でまた逢おう」と約束された「神雷桜」は百田直樹さんの「永遠の零」のモデルになった鹿児島県鹿屋基地海軍特別攻撃隊神雷部隊の戦友さんたちのものです。樹齢を重ね年老いた桜の樹をご覧ください。

 

 

| - | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
四月二日 車椅子ご奉仕

本日の境内は昨日の寒さが嘘のように、四月らしい春を感じさせる素晴らしい天気でした。本日は、大変な人込みの中二組のご家族にご奉仕させていただきました。神雷桜の前で山岡荘八と西田高光命の説明をしているとギャラリーが集まってくださいました。ただちょっと「編⊃声劼虜は花見のための桜ではありません約束の桜なんです」という話をしたところギャラリーは居なくなってしまいました。もっと上手く話さなければならないと反省しました。

朝はまだ参拝者がちょっと多いかなぐらいでしたが、時間が経つにつれ参拝者で溢れました。

 

 

ご奉仕の最中に撮った拝殿前。

中通の横断歩道。アルソックさんが来るまで無法地帯でした。

分かり辛いと思いますが、新芽が出てきてやる気満々です。

放鳩の写真を今年こそ上手く撮ろうと思ったのですが、ご奉仕をしている間に終わってました。来年また挑戦します。

今年は天気に恵まれ本当に良かったです。

 

三澤さんが清掃に駆けつけてくれました。決してエサを探している訳ではありません。

編通りの桜はほぼ満開です。

神池にも多くの方が訪れ、鯉の餌の自動販売機も売り切れてました。

 

 

 

 

 

 

| - | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご案内 靖國神社春季例大祭・清掃奉仕

清掃奉仕・春季例大祭昇殿参拝のご案内です。どちらもどなたでもご参加いただけます。

清掃奉仕は、勅使の御通りになられる石畳を水洗いいたしますので、汚れても良い服装でご参加ください。

 

境内清掃奉仕
日時 平成二十九年四月十六日()十時より
集合場所 編⊃声匈葦饕稘港
作業内容 勅使の御通りになられる境内参道の石畳を
水洗い及び境内、神社周辺の清掃奉仕を致します。
※小雨決行(大雨の場合中止)
駐車場は編⊃声厖料駐車場をご利用ください。
駐車券は事務局までお持ちください。

 

春季例大祭昇殿参拝
日時 平成二十九年四月二十二日()午後一時より昇殿参拝
受付 参集殿前にて正午より
玉串料 お一人様千円以上でお願い致します。

※駐車場は出来るだけ編⊃声厖料駐車場を
ご利用ください。駐車券は事務局へお渡しください。

| - | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
三月二十五日 第三十八回特攻隊全戦没者慰霊祭

本日は公益財団法人特攻隊戦没者慰霊顕彰会主催の「第三十八回特攻隊全戦没者慰霊祭」に参列して参りました。

毎年参列させていただいています。立派な慰霊祭で感動します。しかし残念ながらこちらの団体も高齢化の波には勝てないようで、会員減少に悩まれているようです。編⊃声劼任琉嵶邵廚本当に減ったような気がします。

参道も人が多かったです。

 

慰霊最後の特攻勇士の像顕花式

 

桜も三部咲きというところですね。来週末あたりは満開だと思います。しつこく書きますが、編⊃声劼虜は「約束の桜」です。そのことをちょっと思いながら桜を楽しんでください。

編通り沿いの桜も咲き始めてます。

| - | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
三月二十四日 平成の大演説会 

本日は日本の名誉を守る会主催「平成の大演説会」の手伝いをして参りました。

平成の大演説会Vol.21

いざ!支那征伐
支那事変、そして南京入城から80年。戦前の中国共産党による対日工作を学び、「暴支膺懲」「反中共」を合言葉に中国共産党を打倒しよう!
【講演者】
江崎道朗(評論家)
【特別ゲスト】
クリルタイ(世界南モンゴル会議)
中共の侵略に立ち向かう南モンゴルの実状を語る

| - | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/152PAGES | >>