CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 天皇陛下御親拝祈願全国護國神社巡拝趣意書 | main | 三月十六日 編⊃声 >>
三月十二日 車椅子ご奉仕

本日の春の参道も楽しくご奉仕させていただきました。朝は参拝者が驚くほど少なかったのですが、昼が近づいてくると参道は賑やかになってきました。いつものように佐藤さん親子が清掃奉仕なさっていて、一緒に自販機でコーヒーを買ったら8888で当たりが出てもう一本オマケのコーヒーを貰ったので、いつもお世話になっている駐車場管理の方に差し上げました。

佐藤さん親子が引き上げると同時に、今度は憂国楠志会の方々が清掃に現れました。丁度同じときにご奉仕の必要なご婦人が現れたので、憂国楠志会の小松良匡会長にご奉仕を依頼すると快諾されご奉仕を開始いたしました。静岡県からいらしたご一行は、お母様と娘さんと姪御さんで総勢五名の女性だけの一行です。お母様のお兄様が御祭神で台湾沖で乗っていた船が沈没したそうです。

今回の編⊃声匯嫁劼蓮¬爾気鵑燭舛離汽廛薀ぅ困如△母様は編⊃声匯嫁劼鮹里蕕気譴討い覆ったそうです。前々から、死ぬまでに一度編⊃声劼悗参りして、丁度ひとまわり上のお兄様に逢いたいと何度も言ってたそうです。いつものように編⊃声劼里△蕕泙靴ら青銅の鳥居、手水舎とご案内して、さざれ石へご案内するとお母様は娘さんたちの優しさとようやくお参りできる感動で泣き出してしまいました。神門で菊花十六紋章、神雷桜のご説明をして昇殿参拝のため参集殿へご案内いたしました。参拝後にお迎えに行き遊就館へご案内して、再会を約束してお別れしました。

昼頃は日差しが出て暖かくご一行を歓迎しているようでした。

朝は寂しかったです。

 

7じゃなくても当たりなんですね。

銀杏の変化は感じられませんでした。

 

緑色の蕾の先っちょが出てきました。

 

| - | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yasukuni.jugem.jp/trackback/1513
トラックバック