CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 四月三十日 青森県護國神社 天皇陛下靖國神社御親拝祈願全国護國神社巡拝 | main | 五月一日 新潟県護國神社 天皇陛下靖國神社御親拝祈願全国護國神社巡拝 >>
四月三十日 秋田県護國神社 天皇陛下靖國神社御親拝祈願全国護國神社巡拝

連休にはお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

最初に、秋田県護國神社は平成二年大嘗祭に反対する極左暴力団に放火されている。小生もうっかりそのことを聞かされるまで記憶から消えていました。みたまの皆様申し訳ありませんでした。そしてその犯人は結局捕まりませんでした。大嘗祭阻止のため、目的のために手段を選ばない凶悪犯がいまだに活動を続けている可能性があります。小生は「天皇陛下靖國神社御親拝祈願」にばかり気持ちがいってましたが、御世代わりに奴等が黙っているわけありません。

 

こちらはいつも守備です。ひめゆりの塔も秋田県護國神社も覚悟を決めた奴等は本当に手ごわいと思いますが、私たちにはお天道様がついてます。なによりも天皇陛下靖國神社御親拝を賜れば一気に各県護國神社にひとが溢れるはずです。護國神社にひとが集まることがそれ自体が防犯であり備えになります。奴等が紛れ込む心配は、心の正しい日本人が多くいる場所は奴等にとって非常に居心地が悪く辛い場所です。燻り出せます。そのためにも今から護國神社を中心に地元の方々と連携を取って正しい日本人の連絡網もあったほうが良いと思います。

 

秋田県護國神社へは思ったより早く到着できました。昨夜は遅くなったらどうしようか悩んでいましたが、おみたまのご加護だと思います。まず到着して思ったことは、その広大な敷地です。やまひとつが境内というか秋田城、高清水丘というそうですが、皇紀二千六百年昭和十五年に久保田城から遷座されたそうです。

 

最初に社号票、鳥居に行き参道を上っていくとその荘厳なお社に圧倒されます。清く美しく掃き清められた参道と境内。

いったんお参りして社務所へ、するとなんともいえないとても雰囲気の良いダンディーな紳士が対応してくださいました。すぐ後で分かったのですが、宮司様でした。まだお若いのと偉ぶらない方なので、宮司様と思いませんでした。この面山宮司様がまたまた本当に素晴らしい方で、秋田県に住んで年がら年中清掃奉仕させていただきたくなりました。清掃奉仕する場所を探すのが大変なぐらい綺麗に掃き清められてますが。面山宮司様は目に見えるものより目に見えない物の方が尊いということを教えてくださいました。教えも素晴らしいのですが、なんと言っても格好良いです。穏やかで、丁寧でそれでいて強い信念を感じさせる素晴らしい方でした。本当にどこの護國神社様の宮司様は立派な方ばかりです。帰りには駐車場まで一緒に来てくださり本当に恐縮でした。ありがとうございます。御礼参りさせていただくのが楽しみです。

 

正式参拝は厳かで神聖な本殿でみたまの皆様に御祈願して参りました。小生の身体はひとつですが、皆様のまごころと供にいつも参拝させていただいています。皆様が参拝しているのと同じです。

 

 

 

 

 

明日は新潟県、群馬県護國神社です。

 

面山宮司様とお別れし、駐車場で着替えていたところ、見覚えのある方が近づいてきました。秋田県在住の藤山さんでした。秋田県在住といってもかなり遠くからわざわざ来てくださり、しかもご協賛までいただきました。衷心より感謝申し上げます。一緒に参拝できなかったことは残念でしたが、お会いできたことはみたまのご加護だと思います。毎日毎日みたまは守ってくださりご褒美をくださいます。藤山さんと食事をして再会を約して別れました。

 

 

 

 

パソコンの画面はまだ可愛かった子供たちの小さなときの写真です。自宅で使ってるパソコンを持ち込んでます。

こんな感じでやってます。

藤山さんとおじさん二人の自撮り。恥ずかしいのであわてて撮りました。

藤山さん本当にありがとうございました。今度は一緒に秋田県護國神社へお参りして面山宮司様のお話を聞きましょう。

 

 

 

 

 

 

| - | 20:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント

道程に 御意を託し ご加護ある 完遂祈り 夕焼けに立つ
| 藤山 | 2017/05/01 6:55 AM |
ありがとうございます。
| 沼山光洋 | 2017/05/01 8:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yasukuni.jugem.jp/trackback/1543
トラックバック