CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 八月四日 大東亜聖戦祭 | main | 八月九日 無法国家ロシア糾弾の日 >>
八月六日 車椅子ご奉仕 広島原爆の日

本日は広島に無慈悲な原爆が投下され無辜の人々が米国によって虐殺された日です。はだしのゲン世代の小生には、原爆のニュースなど見ると色々なことが思い出され、なんともいえない気持ちになります。あと、高橋正二先生から聞いた八月七日の広島の様子を想い出します。高橋正二先生は現地調査で七日に広島入りしてご自身も急性白血病を発症し、七回の手術を経て平成二十年九十六歳まで、生き残ってしまって申し訳ない、お恥ずかしいと仰ってました。そんな高橋先生のことを思い出しながら朝の参拝をして清掃してご奉仕始をめました。

本日は近場の千葉県柏から、お父上のご命日に正式参拝に参られたご婦人に奉仕いたしました。正式参拝なので、参集殿までお送りして終了時間にまたお迎えに行って車までお送りしました。

待っている時間は、第二鳥居、青銅の鳥居で一礼する子供を見つけては「立派な作法でしたよ、みたまの皆様もさぞお喜びになられたと想います。ようこそお参りくださいました」の声かけにいそしんでました。声をかけると喜ばれるご家族が殆どですが、中には訝しげに早足になる家族もいます。難しいですね。

朝は雨が降りそうだったのですが、昼ころには陽射しが攻めてきました。暑さは石川護國神社の方が暑く感じるのですが、汗は編⊃声劼諒が出ます。

 

外苑の銀杏は陽射しがないと寂しそうです。このあと陽射しが出てからは笑っているように見えました。

| - | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yasukuni.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック