CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 九月十日 車椅子ご奉仕 | main | 九月二十日 埼玉県日高市高麗神社御奉迎 >>
九月十八日 車椅子ご奉仕

天皇陛下編⊃声匕羶毒匍Т

護國神社へお参りしましょう。

護國神社の御祭神はとっても身近な守り神様です。

いつでもお近くの護國神社、お出かけ先の護國神社へ感謝のお参りしましょう。ひとりひとりのお参りを護國神社のみたまは待っています。お参りを重ねることで自分と日本が変わっていきます。

 

台風18号による被害を被った皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。

 

本日は昨夜の豪雨が嘘のように透き通った青空と真夏のような陽射しが帰ってきました。セミも鳴きだしました。

ご奉仕させていただいたのは、群馬県から参られたご婦人で、お父上が御祭神、前日の昭和二十年九月十七日がご命日だそうです。戦病死だったようです。ご婦人はお元気そうだったのですが、声をかけたら奉仕を受けてくださいました。車椅子に坐られると「お父さんのお導き」と泣かれました。ご案内も丁寧に聞いてくださり、神雷桜ではやはり涙してくださいました。ありがとうございます。

 

軍馬軍犬軍鳩合同慰霊祭もあり、放鳩式を写真に撮ろうと思っていたのですが、午後だと思っていたのですが、午前中で、見逃してしまいました。

 

桜は台風でも無事でしたが、小枝が散乱してました。ちなみに、外苑の銀杏はいつの間にか銀杏(ぎんなん)を蓄えていて、昨夜の豪雨で落ちてしまい、水に濡れたぎんなんの果肉がなんとも言えない香りを漂わせていました。

 

ちょっと早い七五三参りでしょうか、晴れ着姿の子供に外国人が集まり撮影会を始めました。見えてませんけど男の子もいます。

| - | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yasukuni.jugem.jp/trackback/1629
トラックバック