CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 九月十八日 車椅子ご奉仕 | main | 九月二十一日 平成の大演説会 田母神俊雄先生 >>
九月二十日 埼玉県日高市高麗神社御奉迎

本日は埼玉県日高市の高麗神社(こまじんじゃ、高麗神社の起源はホームページをご覧ください)へ御奉迎に参りました。御到着は昼頃なのですが、色々と規制が入ることが予想できたので朝七時頃には高麗神社に参りました。

今回の行幸啓は「私的」旅行と言うことらしいのですが、高麗神社御親拝は畏れ多いことですが、天皇陛下が朝鮮半島情勢を憂慮あそばされているのではないかと推察してしまいました。また、神社に行幸啓、御親拝あそばされることは日本人にとって特に重要なことです。

御奉迎、御奉迎送の際に天皇陛下万歳の先導は地元の小松良匡さんが務めました。少人数ですが声高らかに心から天皇陛下万歳を唱えさせていただきました。

御奉迎を終え、御戻りになられるまで三時間ほどあるので、一旦第二駐車場に戻り休憩していましたところ、とても仲の良さそうな老夫婦が近づいてきて、小松良匡さんに「大きな声でありがとうございます。嬉しかった」と声をかけてくださいました。ご主人は手を合わせて行かれました。皇室の弥栄を衷心より祈念申し上げます。皆様ありがとうございました。

参道右側が駐車場になっているのですが、本日は使えないのでちょっと離れた第二駐車場に車を停めました。ちなみに、第二駐車場と神社の間には高麗川が流れ、渡る橋は出世橋といいます。

第二鳥居。

高麗神社の狛犬。

拝殿。

高麗家住宅が拝殿裏側にあり天皇陛下、皇后陛下も見学あそばされました。

いたるところに彼岸花が咲いていました。

第一駐車場。奥が神社で警備の方々が打ち合わせをしてました。この駐車場だけで二千人前後の方々が御奉迎いたしました。近くの沿道も含めると相当な人数が集まったと思います。

高麗神社がお饅頭、日高市役所が二千本の日の丸小旗を用意したらしいのですがあっという間になくなりました。小生も日の丸小旗を二百本用意してましたがあっという間になくなりました。

 

 

| - | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yasukuni.jugem.jp/trackback/1630
トラックバック